ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 巨大迷宮と学園攻略科の魔術師 (2)(樹戸英斗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


巨大迷宮と学園攻略科の魔術師 (2)(樹戸英斗)

大人たちの思惑

 波古乃島で発見された超次元転移ゲートから繋がる惑星ゼラの地下大空洞を攻略し地上を目指すために作られた私立天乃川学園高等部攻略科に入学した荒田維留は、惑星ゼラで行方不明となった異母姉の月山友麻を探すため、大橋紗夜香やリオ・クリステル・ソフィ・ド・ヴィヴィアンヌ、星沢織姫、矢城衛健吾とパーティを組んだ。しかし、背中の伍重連環封印に人造精霊・緋鎧の魔王ファルヴァシウスを封印した魔神使いである事実を知られてしまい、学園から糾弾されることになる。
 ところが、理事長が父親の兄弟弟子であり、学園長が父親の師匠だった関係もあり、彼らのひそかなサポートを受けて、学園に残るための最後のチャンスが与えられることになった。その課題が、攻略不可能と思われたミッションをクリアすることだ。

 魔神使いの事実にもかかわらず、これまでと変わらずパーティを組んでくれる仲間に加え、新たに参加を表明した少女や、監視として理事長からつけられた結城直樹と併せ、攻略に挑むことになる。緋月真緒音のサポートもあり、それは何とか達成可能に思われたのだが、途中、何者かの妨害を受けることになる。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2418-33d9baa8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=