ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 滅葬のエルフリーデ(茜屋まつり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


滅葬のエルフリーデ(茜屋まつり)

身体は艦艇、心は乙女

 シー・クレーター事件以後、世界は一変した。事件により関東が消滅して生じた江戸湾にあるフロッテン海洋術科兵学園日本校、通称、軍艦学園では、かつての有名ゲームであるシュラフトのシステムをベースとして、艦装(クライド)によって身体を軍艦に変形させることができる少女たちをフュルギアとして、それを指揮する人々をコマンダーとして育成し、滅葬によって世界を人間の手に取り戻すことを目的としている。
 シュラフトのトップランカーだった吉岡峰介は、現在ではその事実を隠し、一般生徒として日々を過ごしていた。しかし、エルフリーデ・ヴェンデルガルト・藤原からの誘いにより、勝者には敗者に対する絶対命令権を与えられる滅葬選抜戦に参加することになる。

 風紀委員の日下部舞を仲間とし、エルフリーデの世話をする小町と潜水要塞オケアノスでじゃれ合いながら昔の勘を取り戻していく吉岡峰介の前に、野尻茜子というエリート少女が現れる。彼女はアルマと共にシュラフトで戦った戦友だった。

 ああ、受賞しても売れないと時流に乗ったネタを書かされるんだね、と現実を目にしてがっくりする。でもそれならそれで、本気で書かないと、打ち切り作家になっちゃうよ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2428-82094dbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=