ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ■ 未来×ファンタジー » 新世の学園戦区 (2)(来生直紀)

新世の学園戦区 (2)(来生直紀)

バラバラになるチーム

 世界初のイーサ教育を行う公的機関である東十字学園は、超能力、霊能力、魔術師、管理者をそれぞれ養成している。魔術師として教育を受ける玖式ショウは、超能力や霊能力も使える特異な能力者であり、魔術師トップクラスの璃理佳ネイや、神霊クラスを扱う霊能者の霧生フミカ、巨大グループの跡取りである主城アキラ、吸血鬼ハーフのレディ・エリフェリスと共にチームを組んでいる。
 ある日、主城アキラのもとを有良ミランというメイドの格好をした少女が訪ねてくる。父親の主城ユタカが、アキラを転校させようとしているらしい。また、在世羅理事長に示唆された霊能者トップの天宗寺カナメが、玖式ショウに接触してくる。

 チームメンバーがバラバラになっていく中、玖式ショウは天宗寺ナギサの企てる霊災に巻き込まれていく。シリーズ最終巻。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2473-f43ca17d

src=