ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ■ 学園×ミステリー » キルミルカタル 眼ノ宮瞳子の眼球探し(緋色友架)

キルミルカタル 眼ノ宮瞳子の眼球探し(緋色友架)

異端の中の恋愛譚

 私立加賀峰高校に通う切原刃は殺人鬼だ。幼稚園で殺人に目覚め、小学生で警察官にして復讐者の足洗邸串満の目にとまり、法でさばけぬ悪を無慈悲に殺すという役割を請け負っている。そのことを知るのは、最初の殺人の目撃者でもある幼なじみの郷弥視央と、撫胎乱々や波止場海域という同じ殺人鬼くらいだ。当然、クラスメイトの虹神恋思や罪忌輪廻、彩井リライトなどは知らない。そんな日常も彼にとっては大切な居場所だ。

 そんなある日、郷弥視央が殺人現場に眼ノ宮瞳子という少女を連れてくる。目撃者を消そうとする切原刃だったが、なぜか眼ノ宮瞳子はその斬撃を避け殺すことが出来ない。彼女は偽眼という、あらゆる目を合成した人工の目を持つ少女だった。
 翌日、転校生として彼の日常に紛れ込んできた彼女は、彼女の本来の目である魔眼を探すのを手伝ってほしいと告げる。

 第15回えんため大賞特別賞受賞作品だ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2483-ec567fca

src=