ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 歴史×ファンタジー » 神武不殺の剣戟士 アクノススメ(高瀬ききゆ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


神武不殺の剣戟士 アクノススメ(高瀬ききゆ)

剣士たちが生き残る世界

 廃刀令が廃止されたまま近代化の道を進んだ世界では、万民が刀を持つ権利を持っていた。そんな世界で治安維持を担う人材を輩出する帝都剣術学校に入学した清水龍人は、活人剣を志す剣士だ。しかし本人はそれを悪と認識しており、悪事を働くと称して善行を積んでいる。

 昨今、街を騒がす辻斬りを捕えるため、同室の花沢錬次郎と警邏中だった清水龍人は、北辰一刀流の天才少女、星村千歳から犯人と間違えられて襲われ、返り討ちにしてしまう。
 そのことで星村千歳から日々勝負を挑まれるようになった清水龍人だったが、それを適当にいなしつつ、巨悪となるために、入試で自分よりも上位だった藤堂百合花の日課の掃除を先にやってしまったり、意味不明な努力を積み重ねていた。

 生徒会長の大柳小鹿と生徒会副会長の風祭久遠の確執に巻き込まれ、さらには辻斬り事件の真相に迫っていく。

 第15回えんため大賞特別賞受賞作「帝都剣戟モダニズム」を改題。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2517-6b88fba8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=