ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?(なめこ印) » 俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? (11)(なめこ印)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? (11)(なめこ印)

身近の出来事

 波乱烈火の身近で起きた出来事をつづる連作短編。

 波乱烈火の地元の教会に赴任してきたシスターのユリアと仲良くなったスズランだったが、彼女はエクソシストだった。スズランの主人であるロザリンド・C・バートリや、吉備桃音の保護する妖怪たちを狩ろうとするユリアに、スズランの言葉は届くのか。
 ハリッサ・ホウプの魔法で無人島に飛ばされてしまった波乱烈火と大友皐月は、仲間が助けに来てくれるのを待ちながら一夜を明かす。風邪で学校を休んだ常盤緑里の見舞いに出かけた波乱烈火は、熱っぽく潤んだ先輩の魅力を再認識する。

 恒例の家族行事である大友家とのバーベキューに、アイリス・フィネリタス・サイファーコールやエルも参加した。行き先の森の中で、地元の子供たちにいじめられている妖精のポピーを発見した波乱烈火たちは、ポピーたちに子供が近づかないようにするため一芝居打つ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2556-fd613026

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=