ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 祓魔学園の背教者 (3) ―邪教再臨―(三河ごーすと)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


祓魔学園の背教者 (3) ―邪教再臨―(三河ごーすと)

眩しい少女

 “叡智の悪魔”ヴィオレッタの呪いを受けた逢沢拓真と、聖職者協会に邪教認定されたマイトレヤ教最後の信徒にして教祖の少女ミトラルカ・シルヴェスタは、将来の夢を目指して疾走する百瀬日南子と出会う。
 自信を顧みて彼女の言動を眩しく思う逢沢拓真だったが、白十字教の教皇の息子で生徒会長のピエトロ・プルトーネから、連続児童失踪事件の容疑者である邪教メレク教の関係者として百瀬日南子が狙われたことで、白十字教の玖珂暁や日本神道の比良坂翠花の協力を得て、彼女の無実を晴らすための逃避行をすることになる。

 一方、比良坂翠花はふとしたことから、蓮教のバンデラ・ラハマ・サヴァトリィと学園長の影縫の秘された関係に気づいてしまい…。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2573-44be71a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=