ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ラブコメ » 冴えない彼女の育てかた (6)(丸戸史明)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


冴えない彼女の育てかた (6)(丸戸史明)

オタクと幼馴染の異なる側面

 ゲーム同人サークル「blessing software」のゲーム制作活動は、ラノベ作家「霞詩子」こと霞ヶ丘詩羽とプロデューサー兼ディレクター兼スクリプト担当の安芸倫也の合作によるシナリオ完成を以て、最後の仕上げとなるイラストの制作に入っていた。
 「柏木エリ」こと澤村・スペンサー・英梨々は、シナリオに見合うイラストを仕上げるため、自身の絵柄をスキルアップさせることを目的として、別荘に一人缶詰になって作業をすることを提案する。それを快諾し、メールによって進捗確認を行う安芸倫也だったが、そんな彼の姿勢に、デバッガーにしていつの間にやらサークルの要となった加藤恵が疑問を呈すのだった。

 それは、安芸倫也が澤村・スペンサー・英梨々との間にとるスタンスの問題。オタクとしての安芸倫也と、幼馴染に対する人間としての安芸倫也の一側面。そのギャップがサークルの間に見えない亀裂を刻んでいく。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2576-e41d997e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=