ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ■ 異世界×ファンタジー » マネー&ウィズダム (2) ―反逆の敗北者―(稲波翔)

マネー&ウィズダム (2) ―反逆の敗北者―(稲波翔)

貞操の行方

 レムリア商会のバアル・フロムマーズがアウグレア商会を訪れ、近江帝羅を拾った場所の土地の所有権から、近江帝羅自身の所有権も自分にあると言い出す。直ぐには対応策が取れない申し出に、近江帝羅は一旦、バアルの持ち物ということになってしまう。
 メイドのピネネと共にバアルに仕えることになった近江帝羅は、彼女が姉のガデレルから課された工場立て直しを手伝うことになる。これに失敗すれば、バアルは年上のおやじと政略結婚させられてしまうのだ。
 近江帝羅のことを心配する賢者エレミヤ・サレジオ、会長のナオミ・アウグレア、ルカ・サルバトスは、こっそり様子をのぞき見するのだが、彼がバアルに対して親身になっている様子を見て嫉妬するのだった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2634-173b0576

src=