ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 歴史×ファンタジー » 戦国ぼっち (3) ~The tank army corps of fear~(瀧津孝)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


戦国ぼっち (3) ~The tank army corps of fear~(瀧津孝)

戦車を壊せ!

 現代からタイムスリップして秀吉政権下の日本にやってきた高杉一郎太は、秀吉の忍び目付として有貴姫、三好麗、りよ、風葉、村上沙希と共に旅をしながら、元の時代に帰る手がかりである巫女を探していた。
 巫女の痕跡を求めて九州へと渡った一郎太たちは、立花道雪の家臣だという女性野武士の高良熊と知り合う。そして、大友家を狙う島津家が、歴史的事実をよりも一年以上早く、亀甲車を使った侵攻をしようとしている事実を知るのだった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2636-05212b9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=