ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ サイエンス×フィクション » タイタニア (4) (田中芳樹)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


タイタニア (4) (田中芳樹)

作者のやる気のなさが伝わってくる

 第8代無地藩王アジュマーンの動向が遮断される中、アリアバート、ジュスランに反逆罪を宣告したイドリスは、ザーリッシュが担っていた軍事力の代わり、ファン・ヒューリック、リー・ツァンチェン、ランダ・カジミールら「正直じいさん」号を指揮官として迎え入れる。
 反タイタニアとして活動していたはずなのにいつの間にやらタイタニアの本拠地からタイタニアの旗を掲げて出撃することになってしまったファン・ヒューリックは、アリアバート、ジュスランの連合軍と艦隊戦をすることになるのだった。

 作者の他作品の二番煎じネタが続々と投入され、ファン・ヒューリックと同じくらいの作者のやる気のなさが伝わってくる展開となっている。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2647-0a2eb33c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=