ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 神話殺しの虚幻騎士(八薙玉造)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


神話殺しの虚幻騎士(八薙玉造)

歪めた運命

 オーディンに住んでいた村を滅ぼされたクラウスは、声を失った姉のリンデと共に、追跡するワルキューレのユーディットらから逃げ延びながら、神々に復讐する手段を探していた。
 人間の力での復讐に万策尽きたクラウスは、ユーディットの力を利用し、神によって封印されていたマーナガルムを解放する。
 マナを焚き付けてニヴルヘイムを統治する法の神テュールを倒させ、死んだ両親から姉がオーディンに狙われる理由を知ろうとするクラウスだったが、テュールの法の力の前にマナあえなく敗れ去り、ヘルの配下の巨人モーズグズの助けで辛うじて逃げ延びる。

 本来の運命ならばフェンリルによって噛み殺されているはずのテュールが今も生き延びているのはなぜなのか。そして人間は神々のゆがめられた運命をただすことができるのか。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2661-04f4aafa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=