ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 未来×ファンタジー » 心空管レトロアクタ (2)(羽根川牧人)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


心空管レトロアクタ (2)(羽根川牧人)

別たれた道の末路

 粟橋ツグミと共に心空機士団大輪支部に入った銅宮クウゴは、管律技師となるために三級心空機士となった。その初仕事として、団長のギルグリン・ミッドフォードに命じられ、ヴィクトル特級心空機士メリナ・クロムウェル、一級心空機士瀬里沢シェリーと共に、フラーム社の警護をすることになる。その現場で彼らが出会ったのが、特級夜葬騎士の真鹿野トウジだった。
 一方、粟橋ツグミは銅宮クウゴが自分に何か隠し事をしているのを悟り、自分に頼ってくれないことに悩む。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2663-b3b0cc53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=