ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 揺り籠の悪魔と零のアリア(穂村健人)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


揺り籠の悪魔と零のアリア(穂村健人)

引き継がれる遺恨

 喧嘩が強い東雲龍太郎は、サキュバスのエリオナ・デュレイン・ナイトメアに殺されそうになり、改理の構築師アリア・カタレイルリス・クレイドルに助けられる。その結果、エーテルゲノムを操る反応回路が構築されてしまい、人間でありながら異人と同じ力が使えるようになってしまった。
 連続殺人の容疑をかけられるエリオナの無実を晴らしたいアリアを手伝うことにした東雲龍太郎は、幼馴染であり裁断者という人間と異人の仲介をする地位にもついていた門之園玲奈に心配されながら、怪しいふるまいをする転校生のグラム・スフレヒトと戦うことになる。一方、エリオナの無実を晴らす活動を上司のベアトリーチェ・ディアボロスに期限付きで許可されたアリアは、過去の出来事に絡む事件の真相に迫っていく。

 第3回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作だ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2673-077fee12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=