fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 踊る星降るレネシクル(裕時悠示) » 【踊る星降るレネシクル (4)】愛と裏切りの非日常


【踊る星降るレネシクル (4)】愛と裏切りの非日常

踊る星降るレネシクル (4)(裕時悠示)

 サバイバルサマーで権利を得た女優・香山円離が下した現星柱・千陽院みらのミカホシ追放の星ノ令は、御神星教団をふたつに分けた。星ノ令の絶対性を主張する三星会会長・結城優と、星柱の権威を絶対とする舞波重蔵の対立は、ミカホシと、その外の世界の命運を賭けた戦いに向かっていく。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 サバイバルサマーで権利を得た女優・香山円離が下した現星柱・千陽院みらのミカホシ追放の星ノ令は、御神星教団をふたつに分けた。星ノ令の絶対性を主張する三星会会長・結城優と、星柱の権威を絶対とする舞波重蔵の対立は、ミカホシと、その外の世界の命運を賭けた戦いに向かっていく。

 そんな対立が教団中枢で続いている頃、連動レンヤは舞波すまると沙良瑞希、七曜なななの間で板ばさみになっていた。極星祭のクラスの出し物に決まった演劇「ベツノカの悲恋」で、カカセオ、ベツノカ(=ネヒリム)、カグツヒメの役をすることになったのだが、どちらとくっ付いてももう片方がひどく嫉妬するのだ。
 だが、そんなラブコメも長くは続かない。学園に現れた乾闇鳴の妹・乾乾が、ミカホシの全てを巻き込む戦いの鍵を握る。

 ミカホシで暮らしているうちにミカホシの人々を大好きになっていた連動レンヤが戦いの中に見るのは、愛か友情か、悔恨か復讐か、あるいは裏切りや別離なのか?
 彼が感じた何かは、他の誰かへと引き継がれ、そして最強レベルの星霊たちの戦いへとつながっていく。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/366-aa3581c4

src=