fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 夜のちょうちょと同居計画!(菱田愛日) » 【夜のちょうちょと同居計画!】いまをときめくキャバ嬢になれ!


【夜のちょうちょと同居計画!】いまをときめくキャバ嬢になれ!

夜のちょうちょと同居計画!(菱田愛日)

 大規模な金融危機の影響で世界トップクラスの経済大国の地位から滑り落ちてしまった日本は、再起を図る新たな経済モデルを模索するため、大規模な社会実験を行っていた。それが自立都市。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 大規模な金融危機の影響で世界トップクラスの経済大国の地位から滑り落ちてしまった日本は、再起を図る新たな経済モデルを模索するため、大規模な社会実験を行っていた。それが自立都市。
 外部との一切の流通を遮断し、内部で全ての生産・流通・消費を行い、その過程を分析する実験。その担い手は、15歳~22歳までの学生たち。毎年、1万人ずつ入れ替わりが行われる都市では、大学までの学業を保証する代わりに、学生たちは一人一つの職業に従事しなければならない。

 黒部奈斗が割り当てられたのは、キャバクラのボーイ。クラスメイトで高飛車お嬢様の宮ヶ瀬瑠花はキャバ嬢として、同じ店に勤務することになった。しかも、同期のキャバ嬢、二風谷真琴と畑薙彩香と共に、チームを組まされた4人は、同じ家で共同生活を申しつけられるのだった。

 ところがこのチームを取りまとめるのは、なかなか大変。瑠花はわがままでサービス業の対極に位置する性格だし、そのわがままさを嫌う真琴とは一触即発の状態。彩香はそれを少し離れた所から見つつ、適度にフォローを入れてくれるのだけれど、やはり彼女にも何かありそう。それを何とか管理するのが、新人ボーイの奈斗の仕事なのです。

 設定の割には現時点で都市部の生活しか見えないので、設定の甘さを感じなくもないのだけれど、それを置けば、サービス業中のサービス業であるキャバクラを舞台にしているのは面白い。まあ、あえて学生をキャバ嬢にした理由はいまいち分からないけれど、電撃文庫で書く上には必須なのでしょう。
 こういった方向性の作品には「都立水商」という先達がいるので、それとはあまりかぶらない方向で物語が進むと良いなあ、と個人的には思う。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/399-4052d977

src=