ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ココロコネクト(庵田定夏) » 【ココロコネクト キズランダム】本音で語られる言葉の威力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ココロコネクト キズランダム】本音で語られる言葉の威力

ココロコネクト キズランダム(庵田定夏)

 前巻と同じく文研部の5人が、今度は「欲望解放」という意識・無意識に抱いている欲望が表出してしまう現象に巻き込まれる。



書評


評価:☆☆☆☆

 前巻と同じく文研部の5人が、今度は「欲望解放」という意識・無意識に抱いている欲望が表出してしまう現象に巻き込まれる。

 普段はあーしたい、こーしたいと思っていても、社会常識や理性によるフィルタがかかって実際にやらないこと、いわないことがいっぱいある。もしそのフィルタがなくなったら?そんな状況に陥った5人。本音だけで語ると言えば聞こえは良いけれど、全力で放たれるマイナスの本音は、それが本音だと言うことが確実な時には、致命傷を与える凶器になる。
 しかし、もしプラスで語られる言葉がまぎれもない本音であることが確かならどうだろう。それは壊れかけたものにとって、これ以上ない福音として響くかもしれない。

 前巻は八重樫太一が明確な主人公だったけれど、今回はかなり役割分担がなされていると思う。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/479-57bb1438

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=