fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 喰-kuu-(内田俊) » 【喰-kuu- (3)】忘れていた想い


【喰-kuu- (3)】忘れていた想い

喰-kuu- (3)(内田俊)

 今回で完結らしい。大食いの話なのに食べる描写が淡白なのが残念。



書評


評価:☆☆☆☆

 東北大会を目前に控えて、過食倶楽部に異変が発生。戌井八千代と共に行った食べ放題の焼肉店で挑まれた大食い勝負に、井ノ原みのりが敗れてしまったのだ。それを受け止めきれなかったみのりは、過食倶楽部からの退部を宣言し、食べることを楽しむのではなく、ただ勝つために、怪物となる道を選ぼうとする。
 それに対し、彼女を大切に思いながらも何もすることができない仙石舞や、彼女を突き放し解散の危機を引き起こしてしまう丑米満たち。そしてそのままやって来てしまう東北大会。会場にはみのりは現れない。その時、町田真白は、ステーキハウスで野試合をするみのりを見つけていた。

 今回で完結らしい。大食いの話なのに食べる描写が淡白なのが残念。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/500-c6da3314

src=