fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 煉獄のエスクード / 灼熱のエスクード(貴子潤一郎) » 【煉獄のエスクード〈3〉RHYTHM RED BEAT BLACK】一番長い日


【煉獄のエスクード〈3〉RHYTHM RED BEAT BLACK】一番長い日

煉獄のエスクード〈3〉RHYTHM RED BEAT BLACK(貴子潤一郎)

 この世界と魔界の扉の鍵をめぐるローマ教皇庁と魔族の戦いをある兄弟の視点で描くファンタジー第三作。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 この世界と魔界の扉の鍵をめぐるローマ教皇庁と魔族の戦いをある兄弟の視点で描くファンタジー第三作。
 ローマ教皇庁のエージェントである薫は、教皇庁と不仲な魔術師教会の魔術師ルーシアとある高校で起こっている失踪事件の調査を行っている最中に気を失い、約800年前の中世ヨーロッパの城の中で目を覚ました。まさにその日は、この世界に残された魔族のロード3人がただ一度の会議を行った日だった。
 繰り返される同じ日、城から外へ出ることを許さない結界、禁忌の魔道書、そして晩餐会に現れる、1000年もの長きにわたって人間側で戦い続ける、薫の師匠となるレイニー…
 全ての役者が舞台に登場するとき、この城に隠された重大な秘密が明かされる。

 物語の収束に向けて、少しずつ動き出してきた気がします。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/505-4f899284

src=