fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 煉獄のエスクード / 灼熱のエスクード(貴子潤一郎) » 【煉獄のエスクード ARCHIVES―だけど綺麗なものは天国には行けない】雨降りの日に


【煉獄のエスクード ARCHIVES―だけど綺麗なものは天国には行けない】雨降りの日に

煉獄のエスクード ARCHIVES―だけど綺麗なものは天国には行けない(貴子潤一郎)

 現在から過去へ。短編が終了するごとに時間がさかのぼっていきます。どの物語も、少し切ない。最も切ないのは、真澄とクラウディアのかつてのドタバタ喜劇を見せられる、お師匠様はご機嫌斜め。もう、こういう日々は戻ってこないのかなぁ。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 現在から過去へ。短編が終了するごとに時間がさかのぼっていきます。どの物語も、少し切ない。最も切ないのは、真澄とクラウディアのかつてのドタバタ喜劇を見せられる、お師匠様はご機嫌斜め。もう、こういう日々は戻ってこないのかなぁ。
 最後の短編は、ハードボイルドチックで、映像が先行している感じがする。薫がいないからこそ書ける、大人の世界。他の作品とはかなり印象が違うので、好き嫌いが分かれるかも。
 こうやってずっと、物語はさかのぼっていくのかな?

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/506-c93a93fb

src=