fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 陰陽ノ京(渡瀬草一郎) » 【黒方の鬼 陰陽ノ京月風譚】死してなお残る想いのそれぞれ


【黒方の鬼 陰陽ノ京月風譚】死してなお残る想いのそれぞれ

黒方の鬼 陰陽ノ京月風譚(渡瀬草一郎)

 「陰陽ノ京」のスピンオフ作品なので、慶滋保胤は最後の方でチラリと顔を見せる程度、伯家時継にいたっては名前が挙がるくらいのもの。本作の主人公は、保胤と同年の甥である賀茂光栄、そして陰陽生の住吉兼良である。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 「陰陽ノ京」のスピンオフ作品なので、慶滋保胤は最後の方でチラリと顔を見せる程度、伯家時継にいたっては名前が挙がるくらいのもの。本作の主人公は、保胤と同年の甥である賀茂光栄、そして陰陽生の住吉兼良である。
 安倍吉平が佐伯貴年と夜釣りに行った帰り道で偶然見つけた、左大臣藤原実頼を害するための呪符。陰陽頭である賀茂保憲は、これをきっかけとした政変を防ぐために、光栄を護衛に遣わす。彼が訪れる先で見たのは、実頼を護るために鬼と戦う、異国の血を引く女性だった。

 本編に比べて、貴族の世界に近い話になっている。その分、自由度は低くなりそうなのだが、光栄が奔放な性格なので、堅苦しさはあまり感じない。また、ちまちました謀略的な部分を嫌う彼の性格を、兼良が補っている感じがする。
 鬼に襲われる貴人と二人の女性、そして過去の戦乱などが絡み、しっとりとした物語になっている。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/671-eb57065d

src=