fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 輪環の魔導師(渡瀬草一郎) » 【輪環の魔導師〈4〉ハイヤードの竜使い】あれだけ囲われたら、普通はまっすぐには育てない


【輪環の魔導師〈4〉ハイヤードの竜使い】あれだけ囲われたら、普通はまっすぐには育てない

輪環の魔導師〈4〉ハイヤードの竜使い(渡瀬草一郎)

 敵地を目の前にして、第三極の人間も登場し、風雲急を告げるといった状況のはずなのに、セロをめぐる鞘当てが激化。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 敵地を目の前にして、第三極の人間も登場し、風雲急を告げるといった状況のはずなのに、セロをめぐる鞘当てが激化。猫まっしぐら的に、前しか見えていない一途な人間は恐ろしい…優先順位を消して見失わないという利点はあるけれど。
 魔族とは何なのかという全容は全く見えないけれど、視点が少しずつ、局地的な現象から広い方向へ向かい始めている印象を受ける。メチャクチャ売れる!という派手さは全く感じないのだけれど、はずさない安心感はある。
 最後の引きがすさまじいので、早く続刊を。展開の途中で切れるのが嫌な人は、次の巻が出るまで読むのを待った方が良いかもしれません。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/672-890ba59c

src=