fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 輪環の魔導師(渡瀬草一郎) » 【輪環の魔導師 (5) 傀儡の城】勧善懲悪からの転進


【輪環の魔導師 (5) 傀儡の城】勧善懲悪からの転進

輪環の魔導師 (5) 傀儡の城(渡瀬草一郎)

 ルスティアナたち魔族に捕えられたセロとフィノ。彼らを奪還するために戦力に劣るアルカインたちがどう立ち回るか、というのがあらすじです。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 ルスティアナたち魔族に捕えられたセロとフィノ。彼らを奪還するために戦力に劣るアルカインたちがどう立ち回るか、というのがあらすじです。これまでと大きく違うのは、セロが魔族側で行動しているため、魔族の論理に従ってお話が展開されるところ。だから、前巻までは一方的な悪者として描かれていた魔族たちが、妙に人間臭く、かわいらしく描かれています。
 過去の出来事とセロたちの関連性、六賢人たちの現実、少しずつ物語の裏側に秘められていたものが表に顔を出してくる。王都奪還編は今回で完結、物語の世界は辺境から中央へと広がっていきます。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/673-242bf240

src=