fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 輪環の魔導師(渡瀬草一郎) » 【輪環の魔導師 (6) 賢人達の見る夢】魔族よりもたちの悪い敵


【輪環の魔導師 (6) 賢人達の見る夢】魔族よりもたちの悪い敵

輪環の魔導師 (6) 賢人達の見る夢(渡瀬草一郎)

 繰り返す歴史という考え方といい、世界観といい、前作と何か少し似てきたような気がしなくもない。同じ様な生活を続けていると、考え方も固定されて来ちゃうのかなあ、と思ったり思わなかったり。



書評


評価:☆☆☆☆

 繰り返す歴史という考え方といい、世界観といい、前作と何か少し似てきたような気がしなくもない。同じ様な生活を続けていると、考え方も固定されて来ちゃうのかなあ、と思ったり思わなかったり。
 じゃあつまらないのかというと、そんなこともない。今回も訳あって舞台は王都のままなのだが、六賢人は舞台に上がってくるし、魔族じゃない敵も出てくるし、話は盛り上がってきている。風呂敷はほぼ広げきった様な印象があるので、後はこれを上手くたためるかに物語の出来がかかってくるだろう。そのあたりは実績があるので無難にまとめてくると思うけれど。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/674-1fe72926

src=