fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ニーナとうさぎと魔法の戦車(兎月竜之介) » 【ニーナとうさぎと魔法の戦車】戦争という概念に戦いを挑む少女


【ニーナとうさぎと魔法の戦車】戦争という概念に戦いを挑む少女

ニーナとうさぎと魔法の戦車(兎月竜之介)

 異世界でほとんど戦争孤児状態になった少女が、立ち直って世界に立ち向かい戦うファンタジーです。戦う相手は戦争の名残として残った魔法で動く戦車と戦争犯罪人。
 現代的なテーマにファンタジーを混ぜ合わせた感じの作品になっていて、主人公の少女の強さが特徴的だと思います。



書評


評価:☆☆☆☆

 兵器の動力源が搭乗者魔力という世界。大国同士の戦争は新型魔法爆弾の余波による全兵器の故障という理由で5年前に停戦したものの、何故か兵器たちは搭乗者なしで自走し、周辺の集落を襲うようになった。集落では自分たちの身を守るために私兵力として戦車を保有している。
 ニーナはそんな時代の被害者。7歳で人買いに売られ、12歳まで戦車の動力源としてこき使われ、いまはそこから逃げ出して放浪する身となっている。そんな彼女が空腹に負けて食べ物を盗んだところを捕まえたのが、私立戦車隊"首なし"ラビッツのメンバーたちだった。

 これまで虐げられる一方の人生だったニーナに初めて訪れた楽しいひととき。しかしそれも、彼女たちの町を襲う野良戦車の本拠地を壊滅に向かった戦いで崩れてしまう。そして、彼女の前に現れる、諸悪の根源にして新型魔法爆弾の開発者、最悪の戦犯マドガルド。
 彼の存在を前にして、ニーナは憎しみを募らせ恨みを晴らそうとするのだが…。

 様々な形で戦争被害にあった少女・女性たちが集まるラビッツ。しかしそんな彼女たちには一つの誇らしい信条がある。その信条を貫き、いつの日か理想を実現することが出来るのか。そんな感じのテーマがあるっぽいのだけれど、マドガルド側にも何か理由があることを仄めかしながら、そこに言及し切れなかったのが個人的には物足りない感じがした。
 一応事件は解決した感じだけれども、根本的な問題は何も解決されていないので、物語自体を続けることは可能だと思う。その場合は、世界観だけを生かして別の主人公サイドから描くのもありかも知れない。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/7-0270f582

src=