fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 黄昏色の詠使い(細音啓) » 【黄昏色の詠使い (5) 全ての歌を夢見る子供たち】果たされる約束、帰る日常


【黄昏色の詠使い (5) 全ての歌を夢見る子供たち】果たされる約束、帰る日常

黄昏色の詠使い (5) 全ての歌を夢見る子供たち(細音啓)

 長く続いたエピソードも終結し繰り返される日常へと戻って行くのだが、二人の前に現れたアルヴィルが名詠の謎への扉を開く。



書評


評価:☆☆☆☆

 空白名詠の真精に心を囚われ衰弱する一方のクルーエルは、より設備の良い研究所へと移送された。しかし、どうしても彼女から離れることを許容できないネイトは、学校を抜け出し、彼女の待つ研究所へと向かう。
 すべては予定された出来事のごとく、研究所に集結する事件の関係者たち。眠れるクルーエルを目覚めさせ、灰色の王を還すことができるのか。

 長く続いたエピソードも終結し繰り返される日常へと戻って行くのだが、二人の前に現れたアルヴィルが名詠の謎への扉を開く。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/752-9d10e7ff

src=