fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 黄昏色の詠使い(細音啓) » 【黄昏色の詠使い (9) ソフィア、詠と絆と涙を抱いて】二兎追うものは一兎をも得ないのか


【黄昏色の詠使い (9) ソフィア、詠と絆と涙を抱いて】二兎追うものは一兎をも得ないのか

黄昏色の詠使い (9) ソフィア、詠と絆と涙を抱いて(細音啓)

 ファウマやエイダのエピソードなど、名詠の秘密に関する問題から少し外れた部分の描写が多く、実はクルーエルとネイトに関するお話の進みはゆっくり。



書評


評価:☆☆☆☆

 ファウマやエイダのエピソードなど、名詠の秘密に関する問題から少し外れた部分の描写が多く、実はクルーエルとネイトに関するお話の進みはゆっくり。この巻だけ見ると、まるでエイダが主役のような印象も受ける。
 破壊を回避するための緊急避難的決断を下したクルーエルと、それに対するネイトの行動は、次巻に持ち越された。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/756-4ea77fa5

src=