fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 機動戦士ガンダムUC(福井晴敏) » 【機動戦士ガンダムUC (3) 赤い彗星】得体の知れないものを巡り踊る面々


【機動戦士ガンダムUC (3) 赤い彗星】得体の知れないものを巡り踊る面々

機動戦士ガンダムUC (3) 赤い彗星(福井晴敏)

 ユニコーン・ガンダムは地球連邦のネェル・アーガマに鹵獲され、気を失ったバナージ・リンクスは、父母との思い出を夢で見ていた。



書評


評価:☆☆☆☆

 ユニコーン・ガンダムは地球連邦のネェル・アーガマに鹵獲され、気を失ったバナージ・リンクスは、父母との思い出を夢で見ていた。カーディアス・ビストが世を去る前に明らかにされた二人の関係、ユニコーンがバナージに託された理由。目を覚ましたバナージは、オードリーたちと無事再会を果たすのだが、突然の戦乱で友人達を目の前で失ったミコットとタクヤとバナージの間には、微妙な温度差が生まれてくる。
 そしてネオ・ジオンも目の前にぶら下げられた『ラプラスの箱』に至る鍵をあきらめることはできない。援護もなく潜伏を続けるネェル・アーガマには、フル・フロンタル率いる部隊が接近していた。

 明らかにされるオードリーの素性、追い詰められた状況でむき出しにされる連邦軍やアナハイム・エレクトロニクスの本音が、オードリーを頑なにし、バナージに戦場へと向かう選択をさせる。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/787-3fe6428e

src=