fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 翼の帰る処(妹尾ゆふ子) » 【翼の帰る処 (3) 歌われぬ約束 下】恩寵の力と肉親のつながり


【翼の帰る処 (3) 歌われぬ約束 下】恩寵の力と肉親のつながり

翼の帰る処 (3) 歌われぬ約束 下(妹尾ゆふ子)

 ルス公家の支配する敵地に赴いたヤエトは、そこで彼の過去視の恩寵を前提とした真上皇帝陛下kらの伝言を受け取る。恩寵を隠し通そうとすれば、陛下の伝達官にして商人のナグウィンが死ぬ。彼を助けようとすればルス公家の内紛に巻き込まれかねないし、何より恩寵がばれてしまう。巧みに作られた罠にはまったヤエトは、こういうときにはまず、自分のことよりも北嶺王のことを、誰かのことを考えてしまう。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 ルス公家の支配する敵地に赴いたヤエトは、そこで彼の過去視の恩寵を前提とした真上皇帝陛下kらの伝言を受け取る。恩寵を隠し通そうとすれば、陛下の伝達官にして商人のナグウィンが死ぬ。彼を助けようとすればルス公家の内紛に巻き込まれかねないし、何より恩寵がばれてしまう。巧みに作られた罠にはまったヤエトは、こういうときにはまず、自分のことよりも北嶺王のことを、誰かのことを考えてしまう。
 ひとまず危機を乗り越えて北嶺と戻ったヤエトだが、ナグウィンの問題は何も解決していない。他国に介入するため、強大な力を持ちながらも幽閉されているル=シル・ル=ウル・ア=ヴルスと協力関係を結ぶことを考えるヤエト。それには、皇帝陛下の気を別の方面にそらす必要がある。そのための策を練ることにするのだが、それはいくつかの成功と、いくつかの傷跡を残す結末をもたらすことを、ヤエトはまだ知らない。

 ちょっと時間が空いてしまったので、ストーリーを忘れてしまいそうになっていた。まあでも読んだら大体思い出した。今回、ヤエトはかなり勤勉に働いている。
 魔王に関する情報も加わり、アストラあるいは古き竪琴ハルウィオンという人物が登場し、神々の一部も積極的に動き始めた気がする。しかしそれとは関わりなく帝国は運営され、そこに生きる人々も、日々、小さな想いを交わし合うこともあるわけだ。肉親同士がいがみ合い、あるいは無関心を貫く関係がある一方で、元々は何の関係もなかった人々がつながり、互いを思いやる関係も、またある。

 今回は特に、ヤエトの台詞に良いものが多かった気がする。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/795-dc99310f

src=